読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語でコミュニケーション!ネイティブはこうやって言うんです!

僕がこれまでに勉強してきたこと、勉強の仕方などを紹介するとともにネイティブの人たちはどんな表現を使うのかいろいろ紹介していきます。

【英語が通じない】と悩んでるあなた必見!! スペルと発音の関係性 カタカナにとらわれない考え方

しっかりと発音したつもりなのに全く通じない⁉

 

単語は知っているのにネイティブ発音を聞いたときに理解が出来ない⁉

 

そんな事ってありませんか?

一言で言ってしまえばまだ発音が出来るようになっていないため。

 

何ですが、ではどうしたらその発音が出来るようになるのか。

 

今回はその事について僕の考えを書いてみたいと思います。

 

カタカナで考えず、聞こえたままを声に出す

皆さん知ってる単語が出てきたときに頭の中で日本語に変換をする作業をしていると思います。その時にカタカナで考えてしまう事も普通だと思います。

 

例えば Do you like to have big one or small one?

 

と聞かれたとしましょう。小さいものがほしいと答えようとしたときに「スモール」と頭の中で考えると思います。

 

が、そこで少し考えてみて下さい。スペルではsmall(スマール)なのにカタカナでは(スモール)??

 

何故でしょう?

 

それは発音ではスマールの方が正解だからです。

 

英語のスペルは日本語のカタカナに合わせて書いてはありませんよね?なのでそのままスペルの通りに発音することが正しいのです。

 

Mall (モール)はどちらかというと(マール)の方が近いと思います。ただ日本語のAの発音と英語のAの発音は違いますのでカタカナ通りに発音することは正しくはないんですが、そっちの方が近いという事です。

 

まとめ

旅行に行ったときなど実際に使える英語をマスターしたいあなた、そんな事を意識してみながら英語を聞いてみるといいかもしれません。

 

聞こえないものは絶対に発音できません。スペルを見ながら聞いてみる事でいっていることがクリアになってきます。そして、それが聞けるようになってきたら実際に発音してみて下さい。

 

その繰り返しでしっかりとした発音で喋れるようになってきます。

 

英語が通じなくて悩んでる方、ぜひ試してみて下さい。