読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語でコミュニケーション!ネイティブはこうやって言うんです!

僕がこれまでに勉強してきたこと、勉強の仕方などを紹介するとともにネイティブの人たちはどんな表現を使うのかいろいろ紹介していきます。

【豆知識】 スラングとは

さて今回のテーマはスラングです。

 

スラングと聞いて皆さんはどう考えるでしょうか?

 

悪い言葉?汚い言葉?

 

そういった表現もありますが、スラングとは俗語の事で決して汚い言葉の事ではないのです。ちなみにそういう言葉の事をswear wordと言います。

 

まずはこちらから

A: 片づける事を"wrapping up"  と言ってますが、それは何でですか? ほかの仕事では聞いたことがないのですが。

 

B: "Wrapping up" を直訳すると包むという事だと思うけど、片づけるという事は仕事を終わらすという事でその事を違った表現でいってるからじゃないのかな?いわゆるスラングだよ。

 

A: スラングにしてはそんなに変な表現でもないし汚い言葉を使ってたりしないですね?

 

B: スラングとは俗語の事で別に汚い言葉の事ではないんだよ。

 

こんな会話があり、スラング=汚い言葉?と思ってるのかなと思いました。よく考えてみると僕もそう考えていたかもしれません。

 

その土地で違うスラングを使う事も多くあります。何が何処でと言われてもそこまでの知識はありませんが、国は勿論、地域や世代などにより違うスラングを話すことは良くあることだと思います。

 Phrasal Verb を覚え使って見ましょう

  何個かPhrasal Verbの記事も書いています。よろしければそちらの方も見てみて下さい。

masaichigo.hatenablog.com

 

 

masaichigo.hatenablog.com

 いろいろな表現方法があります。これをたくさん覚え、使えるようになることでスラングも少しわかってくるかもしれません。

 

スラングの例

最後に一つスラングの例を書きます。

 

"I Fucked up."

" I screwed up."

 

これは両方とも

 

"I made a mistake"

 

という意味です。こうやってF wordなどが入ってくるので汚い言葉と思っているのかもしれませんが、決してそうではないという事ではなく普通の会話をするには覚えておかないと理解できないようなものがたくさんあります。

 

教科書に載ってるわけでもないし、学校で教えてもらうわけでもないのでなかなか難しいと思いますが、もし英語で話をする機会があった時に解らない表現を使っていたらそれがスラングかもしれません。その人に意味などを聞いてみる事でその場の会話も盛り上がりますしボキャブラリーも増えると思うので是非やってみてください。

 

 

masaichigo.hatenablog.com

 僕は他にもこういった感じでブログを書いています。もしスラングが出てきたら紹介してみたいと思いますので是非こちらの方も一回見てみて下さい。