読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語でコミュニケーション!ネイティブはこうやって言うんです!

僕がこれまでに勉強してきたこと、勉強の仕方などを紹介するとともにネイティブの人たちはどんな表現を使うのかいろいろ紹介していきます。

実際の会話から表現や言い回しなどを拾ってみましょう。【解説編3】

次のセクションの解説を始めます。今回初めて訪れてくれた方はこちらを先に見ていただき順番に見ていただくといいと思います。

 

何回も言いますが難しいと思われる方も最初の一歩と思って始めてみてください。これからも同じようなものをやろうと思ってます。少し長い目で見て一年後、二年後に少しでも英語を身に着けるつもりでやってみましょう。

 

Sunset at Uluru (Australia)

 

 

本文

Interviewer:

Who are the some of your biggest influences?

 

Tommy:

Musicaly, Chet Atkins was one of biggest influences on me.

 

Not just with the style of playing the fingerstyle but also arrangements and just making things interesting.

 

You know, and then Skeeter Davis people like that. And then little bit later Dolly parton, Merle Harggard people like that.

 

Roots of my music goes right back to Jimmy Rogers and the 20's. I can still feel the influence of that music in my music you know.

 

 

解説

you know.

 

これに意味はあんまりありません。最初に出てくるのも最後に出てくるのも同じですが、相槌のようなもので使ってます。ネイティブの人は結構言ってます。映画など字幕版を見る方意識して聞いてみると結構言ってることに気付くはずです。

 

goes right back

 

go back (もどる)にright をつける事によって強調されます。この場合

 

: Roots of my music goes back to Jimmy Rogers and the 20's.

 

とも言えます。

 

今回あまり難しい表現がなかったと思いますので一つgo を使ったphrasal verbを紹介します。

 

masaichigo.hatenablog.com

 

 go over (復習する、もう一度見直す)と(訪れる)

 

:It's really good idea to go over my old blogs few times so you will remember clearly. If you keep doing that you will be able to speak one day!

 

: My friend is gonna have party tonight so my girlfriend and I will go over.

 

終わりに

 言っていることが解れば聞くことも出来るようになると思います。

 

単語を覚える事と簡単な文法を覚える事は喋れるようになる為には欠かせない事だと思いますが、それ以外に実際にネイティブの人はどうやって喋っているのかを聞くことによって自分が勉強していることがどんどんつながって結果的にしゃべれるようになると思います。

 

表現をそのまま真似してみる事も喋るためにはとてもいい練習法だと思います。

 

自分の英語を録音してみてネイティブの人と比べてみる事で日本にいても本場の英語が身いつけられると思います。教材は自分次第で探せば無料でいくらでもあります。いろんなものを試し自分に合った物を見つけましょう。

 

 コミュニケーションを取れるようになることを目標にこれからもいろんなアイデアを紹介していこうと思っています。